「120年後の約束」第3話最終回がOfficeYOU9月号に掲載中です。

 

とうとう「120年後の約束」最終回になりましたー!

 

準備を合わせて一年間と数か月の期間、

このマンガに関わらせていただき

無事に連載を終えることが出来てホッとしています。

 

ソラちゃんとささおちゃんたちの活動がどうなるのか

前編に引き続き是非お見届け下さると幸いです。

 

難しく(字も多かったですし)重いテーマのお話ではありましたが

これまでお読みくださった皆様に

心よりお礼申し上げます。

 

ツイッターでもつぶやきましたが

子供虐待の問題も、それを支えようと奮闘する人々の活動も

今もなお現在進行形です。

このマンガをきっかけに、いや、きっかけじゃなくても

この社会問題に対して

関心を持って考えて下さる人が少しでも増えて

対策を取っていける社会になっていくことを願っています。

 

そして。

手すきになってしまった私…(~_~;)

また間を開けずにまたお目にかかれるよう

新企画を考えてまたがんばりまーす!

 

絵柄もまたマンガ寄りに戻しつつ、

今回のドキュメンタリーチックな

絵柄のいいところも混ぜながら

経験をより融合していけたらと思ってます。

 

長かった梅雨も明けてこれからいよいよ夏本番です。

皆様体調などお気をつけてお過ごしくださいませ。
 


OfficeYOU8月号に 「120年後の約束」第3話(前編)掲載中です!

 

今回は発売直後のお知らせです…!

 

今発売中のOfficeYOU8月号に

「120年後の約束」第3話の前編を

掲載させていただいております。

 

今回のお話は、

これまでのお医者様たちの活動のお話ではなく、

子供虐待を受けた子供たちのその後を

サポートして支える人たちのお話です。

 

↓これは今回のお話の予告カットの絵です。

 

 

見ての通りに、子供虐待を過去に受けた女性のソラ20歳は

ドール感のあるビジュアルのキャラクターです。

これまで作品の雰囲気に合わせるという事で

絵柄を人間ドラマ風に、人間ぽく努力して描いていたのですが

個人的にストーリーは抜きにした場合、

今回のソラちゃんは描いていて楽しいキャラクターでした。

 

よく、

子度の頃のトラウマを大人になって誰かに吐露したりすると、

「もういい年した大人になっているんだから

いつまでこだわってるんだ?」とか

「自分の子供のいるくせに、まだ昔の事言ってるの?

執着しすぎじゃない?」とか

順調に成長してきた人には理解できないらしい言葉を

悪気なく受けたりすると思います。

 

でも、

前に「平松っさんの心理学」で少し勉強したことによると

子供の頃のケアされていない傷はずっとそのままで、

むしろ同じようなことがあって傷ついた時には

過去の事も一緒に思い出されて

悲しみが、かけ算式に増幅して傷つく、ということのようです。

 

現実の虐待が続いても

その苦しみはその子供の一生に響いていくのかもしれないです。

 

色々世間的にも法律が変わってきたりしていますが、

少しでもなくなっていってほしいですね…

 

話が長くなりましたが。

そんなわけで、

今回のお話はどうやって大人になった子供が

自らの傷と向かい合っていくのかのお話なので、

その辺をぜひ見ていただければいいなと思っています。

 

そして、いよいよ次回の後編で

「120年後の約束」も最終回となります。

ぜひ最後までお見届けいただければ幸いですー

 

どうぞよろしくお願い致します!


「120年後の約束」第2話完結編、officeYOUに掲載中です。

 

東京、梅雨真っ只中…

だいぶ出遅れてますがお知らせです。

 

5月23日発売の月刊officeYOU7月号に

「120年後の約束」

第2話 十字架を背負って 後編

掲載させていただいておりますーーー!

 

悠太君の死を経験した門脇先生の孤高の活動が

どういった方向に進んでいくのか…

是非お見届け下さると幸いです。

 

今回の作中に出てくる本の絵は、

作画の段階で、実はたくさんの参考の写真を拝見して

描かせていただきました。

(ここだけの話かもしれませんが…)

写真は生々しく、様々な状況の

子供たちが今も私の目に焼き付いています。

 

実際にいる子供たちですから、

亡くなった子も含めて

その存在と命が確かにあったこと、

今もその悲しさを背負って生きている、

続いている子どもがいることが、

現実として押し寄せてくるようでした。

 

ショッキングにならないように

だけど現実を伝えられるように気をつけながら

作画させていただきました。

 

楽しく面白い連載マンガではないとは思いますが

このマンガを機に、

少しでも関心を持っていただければいいなと

願っています。

 

次は第3話、前後編で

残すところこの連載もあと2話になりました。

ラストスパート頑張ってまいりますので

よろしければおつきあいくださると嬉しいです。

 

終わったらまた次のマンガを考えていきまーす!

 


「120年後の約束」第2話(中編)、掲載中です!

 

気がつけば5月…

というか、改元で

令和の時代になりました…!!

 

元号変わっても遅れ遅れで恐縮ですが

お知らせです。

 

4月23日に発売されたofficeYOU6月号に

「120年後の約束」第2話(中編)を

掲載させていただいてます!

 

前回の悠太くんの死から

子どもたちを守るためにはどうすればいいのか、

孤軍奮闘する小児科医、門脇先生のお話の続きです。

 

今回のお話は、

いくつかのケースが入っておりまして

ページの都合上

そんなに掘り下げられてはいないですが

それぞれ辛く悲しい状況です。

 

全体としては少ないかもしれないけれど、

こういうケースが実際に存在している、ということを

少しでも多くの方に知っていただき、

関心を持っていただければと思っています。

 

それにしても10連休という長いGWでしたねー

 

大勢の恵まれた家の子供たちは

海外旅行とまではいかなくても

親御さんにどこかに連れて行ってもらえて

楽しい思い出がいっぱいできたことでしょう。

久々の学校で、どう過ごしてか友達同士で

話に花が咲いてたりして。

 

私はいつも通りに原稿の日々でしたが、

虐待を受けていたり、

そこまでいかなくても、

なんらかの機能不全家族の子供たちは

GWをどうやり過ごしているんだろうと

思っていました。

 

令和の時代に変わったからと言って

子供たちの環境が急に変わるわけではないけれど

少しでも子供たちの笑顔が多い時代になりますように。

 

話は戻りますがー

第2話は、次の後編で完結となります。

こちらは後編の予告カットのイラストです〜↓

 

 

どちらも遠くを見つめる門脇先生。

門脇先生の活動はその後現在までどうなっていくのか、

是非次号もお読みください。

 

どうぞよろしくお願い致します!


「120年後の約束」第二話(前編)始まりました!




またまた遅ればせながらお知らせです。

今発売中のOfficeYOUに、
「120年後の約束」第2話前編を
掲載させていただいておりますーーー!!

今回は第1話の一村先生とは違った感じの骨太の先生、
門脇先生が主人公です。
今回はチームではなく、
問題に気づいた医師がはじめはたった1人
孤高に問題に向かっていく…
少しハードはケースも盛り込まれたお話です。

子ども虐待問題。
マンガを描くに当たって作画のための資料を
原作者の先生や、監修の先生からいただくのですが
これが現実に…?といつも疑いたくなるようなことばかりで、
時々辛くなりながらネームにして作画しています。

子どもたちは親に頼るしかない、
居場所がなくてもそこに居続けなきゃならない、
誰かが手を差し伸べなくては
子どもたちのみの力では脱出することは不可能です。
一刻も早く
子どもたちをとりまく現状が
改善されることを祈ってやみません。

問題としては大なり小なりあっても、
環境が子どもに与えるものは巨大で
その後の大きくなって大人になって自由になったとしても
心のトラウマによって子どもの行動を制限し、
一生を縛っていくもののようです。

未来のためにもとても深刻で最重要項です。
重いテーマではありますが
医師から見たこの社会問題の現実を
ぜひマンガでお読みくださいませ。

どうぞ皆様よろしくお願い致しますー!


        

profile

        

平松っさんの心理学3巻です!

calendar

S M T W T F S
        
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
           

Twitter 日々のつぶやきです

↓高倉みどりの本です。ぜひ!





selected entries

categories

        

recent comment

archives

        

links

        

私のオススメ 水槽グッズ

search this site.

        

mobile

qrcode

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM