3月13日は従兄の命日

27歳の若さで逝った従兄。

3月13日はそんな彼の命日です。
確か13日の金曜日でした。

奇しくも昨年の同日は、
母が突如倒れた日でもあります。

最近の自分はなぜか
目まぐるしく仕事してて慌ただしいのですが、
今日は私にとってややしんみりする日。

私事の日記らしく
誰に言いたいわけでもないつぶやきのように
更新したいと思います。

従兄は感受性が強くて
随分長いこと引きこもり青年、だったのだけど
家が近所だったので
友達が少なかった小学生の私と時々遊んでくれた。

彼が教えてくれたことは
ファミコンとスティングとイエローサブマリン、
ですかね。

部屋にぶら下がり健康機とプロテインと
マドンナのカレンダーと山田まりやのポスターと
エレキギターがあった。

無名人で構成された日本版27クラブがあれば
会員になれたかもしれない。(笑)

坂本龍馬が好きだったらしい、というのは
亡くなった後に知ったけど、
私は吉田松陰と高杉晋作好きなので生きてたら
幕末話ができたかもしれないし
推し志士(?)が別なので
噛み合わなかったかもしれない。

まあ、どうなのか。

またいつかあっちに逝った時に
会えたら話してみたいと思います。


快晴のスカイツリーへ

 

 

 

先日、海外から久々に帰ってきた義弟氏と家族と一緒に

スカイツリーに行ってまいりました!

 

私的には、スカイツリーは前にも行ったことがあったんですけど

いつも曇りがちで、遠くは霞んだ日が多かったのですが…

今回はすこぶる快晴!!

 

富士山だけ綺麗に見えなかったので残念でしたが、

そんなに込み合ってもなく、30分くらいで入れたし

綺麗に遠くが見渡せましたーー(^○^)

 

丁度西日にさしかかった時だったので

↓こんないい写真も撮れましたです。

 

 

遠くまで伸びたスカイツリーの影…

我ながら絶妙なタイミングだったと思います。

 

その後は東京駅へ。

 

 

丸の内の綺麗に復元された東京駅。

KITTEの屋上から眺めました。

 

上の方はホテルになってるんですね。

あんまり深く考えてなかったけど義父から聞いて初めて知りました。

どんな内装なのかなー泊まってみたいものです。お高そうだけど…(^_^;)

 

義弟氏は全部で3日間はいたんですけど、あっという間だったな。

東京駅から空港へ向かって

また戻って行ってしまいました。

 

私、この2か月間くらい買い出しと打ち合わせ以外は

ほとんど外出してなかったせいもあって、

誰かと出かけられてすごい楽しかったんですよね。

 

いい機会を与えてくれてありがとう♪

また会える日まで元気でーーー!!!

 

というか、

遊んだ分また働かねば!

 

 

 

義弟氏がくれたお土産のお菓子↑をかじりながら

また引きこもってネームです。

 

連日沢山美味しいもの食べて充電したので

またがんばります〜!!

 

 


遠隔で母の誕生日

 

 

 

遅ればせながら過去日記として更新。

 

10月21日は、春に浄土へ旅立った母の誕生日でした。

 

姉のツイッターでもお昼にはケーキをお供えしてる写真があって、

実家の父に電話したら、父も同じようにお仏壇にケーキをお供えしたらしい。

 

私も東京で離れてるけど

母のためのケーキを。

誕生日おめでとうね、ありがとね。

 

姉の買った和栗ケーキと被らないように

うちはモンブラン入れたよ。

甘いものが好きだった母なので、

多分あちこちの家に行っては

全部食べてくれてることでしょう。

 

どなたにとっても

母親の存在は大きいものだろうとは思うけれど

うちのおっ母さんは、ある意味やたら個性強かったので

なかなかいろいろ遺して逝ったな…と

生活のふとした拍子に思います。

 

いつかマンガのネタになればいいな(笑)

 

母が食べると言っても、

物は消費せねばなので

ケーキは夜に美味しくいただきました♪

 

 

 

 


母のつぎはぎ







お盆からだいぶ経ちましたが…
先月実家に帰ったときに撮った写真。

その時、母の遺品をあちこち片付けてて
疲れてふっとふすま見たら
破れたところにつぎはぎが。

ふふふ。

いつしたのかわからないけど
生前の母が施したつぎはぎでした。

紙が変色してるのは
経年劣化で仕方ないかもしれないけど
間の線をマジックで書き足した部分は
だいぶ仕事が荒い。(笑)

二人の漫画かきの母とは思えない仕事ぶり(笑)

ふと思い出してアップしてみました。
実家はいろんな所に母がおります。

S47年の新聞と灯籠流し



先日、初盆を無事に終え、東京へ戻りました(^^)

写真は母のタンスを整理していてみつけた
引き出しの中に敷いてあった古新聞。

特に深い意味はないんですけどね、
せっかく見つけたのでアップしてみました。

47年度予算とか

ニクソン大統領とか核武装についてとか…
記事と黄ばんだ紙が時代を物語ってますよね。

 

昔は新聞の字小さめで、

今より随分密度あるなぁ。

この引き出し、

随分長い間そのままになってたんだな、
そしてこの新聞を敷いた母は
まだ若かったことでしょうね…



15日には、近くの大きめの川で
毎年開催されている灯籠流しへ行って参りました。

写真は父と姉と私で
独自にこしらえた母のための精霊船であります。

開催場からもらえるらしかった船↓はもっと大きいのですが、
うちはこじんまりと↑かわいい感じになりました。

 

↑乗せてもらってる最中。



環境問題の規制で、最近はエンジン付きのボートに
みんなのを乗せて見えなくなるまで
運んでもらうことになっています。

(川面の遠くにかすかに映ってるボートがそれです)

エンジンなのであっという間に
見えなくなってしまいました…



こちらは精霊船とは別に、その会場で購入できる
沈んでも大丈夫な素材で作られた灯籠↑はちゃんと
火をつけて川へ。


渋滞を恐れて日が暮れる前に早く来たので

灯は見えにくいですが
夜になれば灯火が川面に映ってゆらゆらと

風情あって綺麗な光景でしょうね。

九州の田舎ではありますが
嫁ぎ先の二家分の灯籠も
どんぶらこと見送りました。

 

急に呼ばれたご先祖様たち

ビックリしたかも(笑)

これまでお盆にそこまで特別関心はなくて
お墓参りもほとんど任せっきりだったけど…

やっぱり身近な人が旅立った後は、
このお盆の数日間は本当に故人が
以前と変わらずに家にいるのかもしれない…

身内の近くにいてなにか言ってるのかもしれない…
と思うと
まったく考え方が変わりました。

うちの場合は

好きなものをいくつも準備したりしないと
絶対にぶつぶつ小言を言われそうです(笑)

そう思ってみても残念ながら
誰かがいる気配とか全然わかりませんけどね。

弔いにはいろんな段階があるんですね。
知らなかったな…

そんなこんなで忙しかったお盆休みも終了しました。
これからは(山積みになってる)仕事に邁進します。

東京は帰ってくるなり台風や雨続きで、
酷暑で雨が降らない西日本に
この雨を分けたいようなお天気ですね。

皆様夏バテに注意しつつ
まだまだオリンピックで盛り上がりながら
夏を乗り越えましょうーー!!
(^o^)v


 



        

profile

        

平松っさんの心理学1巻です!

calendar

S M T W T F S
        
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
           

Twitter 日々のつぶやきです

↓高倉みどりの本です。ぜひ!


selected entries

categories

        

recent comment

archives

        

links

        

私のオススメ 水槽グッズ

search this site.

        

mobile

qrcode

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM