水作 プロホースの洗浄 自己流 

JUGEMテーマ:熱帯魚



今日は水槽関係の平和な話を。
(水槽に興味のない方には全く何のことやらと思います…)
注:長めです

我が家で愛用している水槽掃除の決定版、水作、プロホースS。

砂利掃除と一緒に水替えが簡単に出来るスグレモノなのですが、
長らく使っていると、チューブの中の水分が乾燥できず
上の写真のようにカビのような汚れが目立ってきてました。

これ、気になってたんだけどチューブの中をどうやって
綺麗にしたらいいのかわからずに悩んでましたが…

今日、急に思い立って自己流に掃除して、
なんとか成功したのです。その報告です。

考えたのは、
紐にスポンジを括り付けてチューブ内を通してゴシゴシする、
という至ってシンプルな構造。

これまで、普通の糸だとふにょふにょして
チューブ内をうまく通らなかったのですが、
昔なぜか買っていたナイロン製のタコ糸のようなものをふいに発見。



それと、スポンジで出来ている石鹸置き。これ↓をハサミで少しカットして
↑の糸に通して結びます。



こんな感じね↓
 


プロホースの2倍ちょいくらいの長さのナイロン糸の真ん中あたりに
このスポンジを持って来て、スポンジごと一回玉結びして固定します。

スポンジが大きくなりすぎたら
チューブにぎりぎり通りそうにないくらいにカットして形を整えておきます。



ナイロン糸でそのまま通せれば良かったんですけど、一回目、
途中で止まったのでまた悩みました。
急遽、↑こんな感じに、爪楊枝を少し切れ込みを入れて
別の普通の糸を用意してひっかけまして、
チューブを真っ直ぐに縦に持ち、
それをストンとまずチューブ内に通します。

途中でつっかかったら、指でびしびし弾いたりして
振動と重力で落としていく。



呼び水としての糸が通った!ので、その糸と、ナイロン糸を結んでつなげる。↓



それで水を少々チューブ内に垂らして、糸を引っ張ると…!



始めにくっつけておいたスポンジがチューブ内を通りました!!



汚れの所で両端から引っ張ってゴシゴシして…掃除できてます!!
考えたことが形になって成功するって嬉しい〜



こういう状態↑なので、二人で両端を持つとやりやすいです。



結果。
ちょっとわかりづらいかもですけど↑
バケツの中に汚れた水が入ってるのが見えますでしょうか!?







綺麗になったやんーー!!!

機能は全然問題ないのにチューブが汚いばっかりに
買い替えるしかないのかしら?って思ってたのに
見事に、気持ちがいいくらいに綺麗に復活♪

ちゃんと説明できているかどうかはアレなんだけど
もし、プロホースで私と同じ悩みを抱えている方がいらっしゃれば
少しでも参考になればと思います。

しかし、
普段ダラダラしてるくせに、こういう思いつきの時の
行動は早い。(笑)
夢中になって時を忘れて集中して楽しかったー

最近、右部分のサイドバーのフリースペースに
アマゾンのアフィリエイトを持ってくる技を覚えたので
せっかくなので私のお勧めのアクアグッズを並べてみました。
(今のところPC表示のみ)

ご興味わいた方はレビューだけでも見てもらえれば♪

うちの水槽の三種の神器、

水作 水作エイトコアS
水作 水心 SSPP-7S
水作 プロホースS


気づけば全部、MADE IN 水作 

高性能、音は静か、簡単!
本当に素晴らしい商品で重宝してます。
他にもたくさんいい商品はあるけど
私どうやら、特に水作の商品が好きみたい。(^o^)

お魚がアカヒレ、カージナルテトラ、ベタだけになってからは、
今はこのセットとコトブキのガラス水槽(36センチ水槽)
テトラのブラスチックの水槽
で落ち着いています。
(水作エイトはMを買わずに、Sの2個使いにして
フィルター交換の時にバクテリアが減りすぎないようにしてるのと、
水心のエアーは分岐を使ってメインとベタに分けてます)

簡単シンプルに熱帯魚水槽始めようかなって人には
おススメです〜(^○^)



 

働く石巻貝



水槽のコケ取り屋さんとして
石巻貝飼ってるんですけど…

写真の中央付近の葉っぱの上にいるの
おわかりでしょうか?

気がついたらあそこにいたんだけども
あの細いミクロソリウム(水草)の茎を
どうやって上ったのか…不思議。



謎は残しつつも、
見て下さいな、葉っぱの綺麗な掃除っぷりを…!
自分の重みで垂れ下がってますけど。(笑)

葉っぱはコケに覆われてたけど綺麗な緑色の
ツルッとした表面になってるー

この後、下にボトッと落ちて
マイペースに這っていきました。

今、36センチ水槽にスネール
(いつの間にか増える小さい貝)以外で、
石巻貝はこの一匹だけ。
働くねー

いっぱいコケ食べて長生きしてほしいもんです。
 

ベタの泡の巣





時々うちのベタが泡の巣作りします。

ここ二ヶ月くらいはとんと作らなかったのに、
昨日見たら久しぶりに出来てる!

と言っても、写真は以前のものですー(よく撮れてたから)
一枚目は画面左の隅にある白いもこっとしたのが泡の巣です。
二枚目は下からの写真。下から見ると綺麗♪

ベタのオスは繁殖したくなるとこんな感じで口から出す粘液で
はじけにくい泡を作って、メスが来るのを待つそうです。

しかし…メスはおらんぞー
せっせと作っている姿を見ると健気で感動なんだけど
それが徒労に終わることを知ってるので切ないわ…

でも、巣つくるのは健康な、状態が良好な証明でもあるらしいので
飼い主としては満足であります。

今年ももう12月半ばだー

今年は秋に単発の仕事を引き受けた前後で、
自分のネームに本格的に取り組んで七転八倒してたんですけども、
うまく進めば来年あたり、ようやく何かご報告できそうな気配です。

まだまだなんであれなんですが…
とにかく年をまたいでネームを描いていくしかないこの状況…
がんばっていくぞ。

来年はネームがボツになってもすぐに立ち上がれる強さが欲しい(切実)
そんなことを思う今日この頃。
今日はこんな感じでした。(^^)

 

復活のアカヒレ



私生活ではちょこちょこイベントがあったりしましたが今日も水槽の話。

一ヶ月ほど前、アカヒレ 水槽の掃除をしていたら、
初代からいるメスのアカヒレが一匹 ジャンプして
水槽から飛び出すという事故がありました。

あわててすぐ水槽に 戻して様子を見ていたら、
外で どこか身体をぶつけて傷でも付いたのか
体の片方のおなかが凄く腫れて
パクパクと 呼吸も苦しそうにつらそうになり、
泳ぎも力なくただよってる。

悲しいけどもうダメかなと思い…
万が一エロモナス菌に他の魚が感染したらいけないので隔離し
一匹だけの独房に入れたんですよ。
ベタの横に置きました。

独房に入れてからは 全然動かないし
餌を口元にはこんでも食べないし
もう時間の問題だな…
そしたら。

日に日に元気になったです!!(゜ロ゜ノ)ノ

恐るべきアカヒレの回復力!
観賞魚最強といわれてるのも納得。

結局お腹の腫れも、傷は残ってるけど
元どおりの大きさになり、
昨日元気に元の水槽に戻りました…!

命すごいなぁー
全然普通に動いています。何だったの。
とにかく良かった 良かった。

仕事の方は 引き受けていた 単発の仕事が 終わりまして、
今はまた 自分の方のネームをやってますー


今日はこんな感じですー(о´∀`о)




カージナルテトラお迎え





今年は夏の終わりに、アヌビアスナナという水草を買ったんだけど、よく調べてみたら熱帯の植物だから冬の水温じゃ枯れてしまうらしいことを知って慌ててヒーターつけました。

水温お陰でで26度。これって…
熱帯魚水槽じゃないですか!

アカヒレは温帯魚なのでこれまで無加温だったのです。
ということは熱帯魚と混泳できるということなので、この度、熱帯魚の王道ともいうべき定番の美魚、カージナルテトラを5匹お迎えしました!O(≧∇≦)O

青と赤のコントラストでビカビカ光ってとても美しい!
というか、一枚目の写真、横になっちゃった。(;・∀・)

印象はめちゃめちゃ派手なんだけど、性格は結構臆病というか、まだ慣れてないのか、5匹固まって奥の下の方にいます。元気は元気。

こうしてみると、アカヒレは地味だね。(笑)
でも今のところ、アカヒレは9匹全部見分けがつくほど個性的だから愛着があります。一枚目の写真の正面向いてるヤツ、いい写真だ♪
カージナルたちは多少大小あるけどまだ全然見分けがつかんね。
餌の時はそれぞれの習性で水面近くにアカヒレ軍団、水槽真ん中から下方にカージナルテトラ、見事にすみわけてる感じです。
カージナルテトラは落ちてくる餌に食いつくから上手くアカヒレにとられないような餌やりがやや面倒です。

今年の冬はぬくぬくの水槽で賑やかになりそうです。


近況。
なんだかあれこれバタバタしております。
まだハッキリいえることはなんもないですが単発仕事や水面下で動いていることもあり、奮闘している最中です。

生活のためにも引き受けられる仕事はありがたく出来るだけ引き受けつつ、命は削らず!
大切にいたわりながらガンバっていきまっす!

今日はこんなでしたー(о´∀`о)


        

profile

        

平松っさんの心理学2巻です!

calendar

S M T W T F S
        
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
           

Twitter 日々のつぶやきです

↓高倉みどりの本です。ぜひ!




selected entries

categories

        

recent comment

archives

        

links

        

私のオススメ 水槽グッズ

search this site.

        

mobile

qrcode

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM