母のつぎはぎ







お盆からだいぶ経ちましたが…
先月実家に帰ったときに撮った写真。

その時、母の遺品をあちこち片付けてて
疲れてふっとふすま見たら
破れたところにつぎはぎが。

ふふふ。

いつしたのかわからないけど
生前の母が施したつぎはぎでした。

紙が変色してるのは
経年劣化で仕方ないかもしれないけど
間の線をマジックで書き足した部分は
だいぶ仕事が荒い。(笑)

二人の漫画かきの母とは思えない仕事ぶり(笑)

ふと思い出してアップしてみました。
実家はいろんな所に母がおります。

S47年の新聞と灯籠流し



先日、初盆を無事に終え、東京へ戻りました(^^)

写真は母のタンスを整理していてみつけた
引き出しの中に敷いてあった古新聞。

特に深い意味はないんですけどね、
せっかく見つけたのでアップしてみました。

47年度予算とか

ニクソン大統領とか核武装についてとか…
記事と黄ばんだ紙が時代を物語ってますよね。

 

昔は新聞の字小さめで、

今より随分密度あるなぁ。

この引き出し、

随分長い間そのままになってたんだな、
そしてこの新聞を敷いた母は
まだ若かったことでしょうね…



15日には、近くの大きめの川で
毎年開催されている灯籠流しへ行って参りました。

写真は父と姉と私で
独自にこしらえた母のための精霊船であります。

開催場からもらえるらしかった船↓はもっと大きいのですが、
うちはこじんまりと↑かわいい感じになりました。

 

↑乗せてもらってる最中。



環境問題の規制で、最近はエンジン付きのボートに
みんなのを乗せて見えなくなるまで
運んでもらうことになっています。

(川面の遠くにかすかに映ってるボートがそれです)

エンジンなのであっという間に
見えなくなってしまいました…



こちらは精霊船とは別に、その会場で購入できる
沈んでも大丈夫な素材で作られた灯籠↑はちゃんと
火をつけて川へ。


渋滞を恐れて日が暮れる前に早く来たので

灯は見えにくいですが
夜になれば灯火が川面に映ってゆらゆらと

風情あって綺麗な光景でしょうね。

九州の田舎ではありますが
嫁ぎ先の二家分の灯籠も
どんぶらこと見送りました。

 

急に呼ばれたご先祖様たち

ビックリしたかも(笑)

これまでお盆にそこまで特別関心はなくて
お墓参りもほとんど任せっきりだったけど…

やっぱり身近な人が旅立った後は、
このお盆の数日間は本当に故人が
以前と変わらずに家にいるのかもしれない…

身内の近くにいてなにか言ってるのかもしれない…
と思うと
まったく考え方が変わりました。

うちの場合は

好きなものをいくつも準備したりしないと
絶対にぶつぶつ小言を言われそうです(笑)

そう思ってみても残念ながら
誰かがいる気配とか全然わかりませんけどね。

弔いにはいろんな段階があるんですね。
知らなかったな…

そんなこんなで忙しかったお盆休みも終了しました。
これからは(山積みになってる)仕事に邁進します。

東京は帰ってくるなり台風や雨続きで、
酷暑で雨が降らない西日本に
この雨を分けたいようなお天気ですね。

皆様夏バテに注意しつつ
まだまだオリンピックで盛り上がりながら
夏を乗り越えましょうーー!!
(^o^)v


 


初盆 精霊馬作ってみました



お盆ですね。
母の初盆のため10日からまた北九州に帰省しております。
(今日はやや長めです)

12日に玄関に白提灯を設置し、
姉と二人で祭壇作りに専念してまして
精霊馬を初めてこしらえてみました〜!

馬のタテガミを
オクラで表現してみましたが…
いかがでしょう?
なんだかもののけ姫のでいだらぼっちになったような。(笑)

でも龍のようだと言ってくださった方もいて♪
作ってる間、童心に帰ってました。

お安めの花をたくさん買ってきて
仏花のアレンジも姉と作ってみましたよ。

お義母さんのフラワーアレンジいつも見てるのに
いざ作るのって難しいんですね…!(O.O;)
狙った所に花がいかない!



こんな感じになりました。
向かって左が姉で右が私です。
おおらかな姉と、いっぱいいっぱいの妹…
本当に性格にじみ出てる!(笑)

面白かったですー
また違うお花でやってみたいな(^○^)




 


灯籠を組み立てて電気付けたら
本当に綺麗で。回転する光が
極楽みたいな雰囲気です。

そんなわけでその他も色々
お墓参り行ったりお膳作ったりとスタンバイして
親戚が集まる13日の法事も無事に終わりました。

親族以外にもふらりとお線香を上げに
来てくださる方やお供えを送ってくださった方達の
お気持ちが嬉しかったです♪

 

 

外の白提灯、電源が確保出来なくて

100円ショップのお仏壇用のロウソク灯を

入れてみたらなかなか風情のあるいい塩梅に。

 

サイズ全然合ってないけどね(笑)

今日は中日でちょっとまったりして
明日は送り火をつけて灯籠流しの予定。

「おっ母ちゃんはまだ逝くには10年早かったばい…」

この数日間でもう6回くらいは聞いてる父の言葉です。

 

本当にねぇ…

まだなんとなく信じられないです。

 

でもまあ。


今までお盆は人も多いから避けて帰省してきたけど、
こうして風習と一緒に故人を偲びつつ時を
過ごすのもいいものだなと思いました。

初盆は一生に一度(?)ですしね。
できるだけのことをしたい。

母のお陰で色々初体験させてもらってます。
明日まで実家で初盆の夏を満喫しようと思います〜
(^o^)v




 


筑豊電鉄の60周年記念グッズ

JUGEMテーマ:鉄道

 

 

 

私の故郷、北九州市。

黒崎駅前に到着しているこの電車は、筑豊電鉄です。

(この車両じゃなくて古い車両の方が

映画のおっぱいバレーに登場して撮影された電鉄です)

 

今日はこの電車が今年60周年のアニバーサリーを迎えるという事で

なにかと記念グッズなど出ているので

遅ればせながらその話題を。

 

写真は今年の春から運行を開始した低床車両です〜

ICカードの導入に伴って、

ラッシュ時以外はこれから車掌さんがいなくなって

ワンマン運転になりました。

 

全国でも車掌さんが車内を歩きながら両替していた電車は

珍しかったのに寂しくなりましたねー

 

私、今年に入ってから、母の事で何度も

東京⇔福岡を行ったり来たりしてたので(涙)

母のお見舞いに行くときにこの写真の黒崎駅前を通り、

いつもこの電車を眺めてました。

 

結構待ち時間があったりするもんですからついつい

窓口に行って記念品を買ったりしておりました。(^o^)

 

 

限定300枚 筑豊電鉄60H記念トートバック 1000円

 

シンプルでスッキリ。なかなか気に入ってます。

発売から数か月たった時点でまだ販売中だったので、

まだ限定300枚は残ってるってことかしら?

かなりのレア品だー!って思って購入。

東京で持って歩いた時は誰か気づいて欲しいと思ってます(笑)

 

↓表紙、裏表紙の写真の拡大です

 

 

筑豊電鉄オリジナルフレーム 記念切手 1700円 

 

母の件でまた郵便局に行った際にも、

ふと目に入ってきて内心(1700円は高いわぁ…)と思ったんですけど

せっかくなのでって気持ちで購入。

(切手は10枚、その画像は買う人へのお楽しみにアップしないでおきます)

 

私が知らない写真もあって、全車両が載ってたのでいい記念です。

他にもお箸とか(なぜ?)クリアファイルとか

色々あったので、もっと母の入院期間が長くなっていたら

もしかしたらもっと増えていたかもしれません(笑)

 

福岡ICカード、nimocaのストラップも

フェレットが可愛くてつい買ってみたりしたな。

 

なんか、いろいろあった春の間は、そんなに高くないものなら

やけに衝動買いしたくなってたんですよね。

異様に食欲増したりもしてたな。

 

電車の先頭車両の顔みたいな部分(?)眺めてると、

これ、自分でも不思議なんだけど

「電車、皆を運んでくれて頑張ってるな…健気だな…」

ってしみじみ思えてきました。

 

そうなんです。

最近、自分案外鉄道好きなのかも…

と思いはじめた今日この頃…!

 

福岡の日豊本線の古い車両見た時は

古老に会ったような尊敬の念がわいたし、

この間、都電荒川線にも同じような感じで

「荒川線かわいいー」とすんなり思ってました。

 

鉄ちゃんと称される中でも

鉄分多めとか少なめとかいう表現あるんですね(笑)

それからいくとまだまだ全然鉄分少なめですけどね。

 

思い入れのあるこの筑豊電鉄を基盤にしつつ、

これから気が付いた時にでも

好きな電車探してみたいと思いますー

あんまり趣味ないからいいかも(^○^)

 

 

 

 

 


櫻井大神宮




先週末、また帰省してきまして。

いろいろ用事やイベントに参加するなか、
10数年以上ぶりの友達にも会ってきました。

その友達が
「高倉さんが好きそうな古い神社あるよ。寄る?」
って言って福岡の糸島にある櫻井神社に連れていって
くれたので今日はその旅の記録を。

福岡はこの日すごく天気良くて、
山のような森のような木々のなかに
そこだけ時が止まったように
神明造りの由緒正しい立派な神社が鎮座しておりました。

吹き抜けの作りは小さい伊勢神宮みたいだな…って
思ったら本当に伊勢神宮のご分霊らしく、
櫻井大神宮としてこの姿で150年前からある!

櫻井大神宮、櫻井神社の公式サイト
(厳かすぎて真正面は気がひけたので、
写真はやや斜めから撮らせていただきました)
櫻井神社は嵐の櫻井くんのつながりでも人気らしいです。


周りの木々も木漏れ日が美しかったです…




手前にも櫻井神社が立派にドンとあって
その門がまた立派だった。
(櫻井神社の写真は取り忘れました)



いやぁ…
ここに来れてとても心が洗われた気がしました。
連れてきてくれた友達に大感謝です。
ありがとう!!

後で自宅に戻って神社好きの姉に自慢したら
「神社に行けるのもご縁なんだってよ。
櫻井神社の神様に呼ばれたっちゃないと?
神様は誰が来るかも前もってわかっとるらしいよ…」
ってなことを教えてくれて、
本当にそうならより嬉しい。

その後、お昼の油山にも連れていってくれた。
ちょっと霞んでますけど、見晴らし良くて福岡の街が見れました。




母の葬儀から仏壇の手配、法要を経て、
ここに来てようやくなんだか一息つけた気がする。
東京に戻ってからも、気持ちがだいぶ楽になったです。
自分、少しずつ母の死を受け入れているのかも。
まだわかりませんけどもね。

そんなわけで。
これからしばらくは来月の四十九日の法要まで
遅れまくっているマンガ作業に勤しみます。

バタバタで宣伝できませんでしたが
5月7日発売good!アフタヌーンに
「平松っさんの心理学」3話目が掲載されてます!
次は6月7日発売号に4話目ですので
お見かけの際にはぜひよろしくお願いします。

長い上に最後は宣伝になっちゃいましたね。
ともかくまたがんばりまーす!
読んでくださってありがとうございました。(^○^)


        

profile

        

平松っさんの心理学2巻です!

calendar

S M T W T F S
        
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
           

Twitter 日々のつぶやきです

↓高倉みどりの本です。ぜひ!




selected entries

categories

        

recent comment

archives

        

links

        

私のオススメ 水槽グッズ

search this site.

        

mobile

qrcode

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM