ザ・マーガレット6月号「@キラキラバーズ」感想



6月になってますね…
まごまごしている間にすっかり7月号が発売になっちゃってますが…

今日は実姉ながら、少女誌ザ・マーガレット、
女性誌クッキーで連載活躍中のMaria氏の
ザ・マの読み切りマンガ「@キラキラバーズ」の感想など。

(注:いつもながら長めです)

いやー身内が身内を宣伝なんてアレなんですけどね…
でもこれからは出来るだけ、せっかくSNSあるんだし
自他共にいろいろ宣伝していこう!
生きてるうちは、好きな事好きなように発信していこう!

と先日思い立ったんです。
何卒おつきあいくださいませ♪

「@キラキラバーズ」は恋愛オムニバスマンガで
既に単行本も出てます。
毎度キラキラした恋愛話なのは当然なのですが
今回特に、瞳の絵の感じのせいか
特にキラッッキラです!

個人的な見所としては黒髪の男と黒い犬!
犬は唯々モフっと感が大変良好。
こんな犬飼いたい衝動に拍車。



私、Maria氏のマンガでは脇キャラにハマる傾向があるんですが
今回のこの黒髪の人、基くんがとてもいい味だしてました!
彼は彼なりのまっとうな独自ルールで動いてる…
その一貫性ゆえに主人公絢葉は揺れ動く。

こうしたキャラの濃い人がいるとより深味があって楽しいです。
欲を言えばこの人のスピンオフ見たい。(笑)

余談ですが…
しかも個人情報(一応許可は得ております)ですが…

この「@キラキラバーズ」は、母が危篤中に描かれたもので
姉は実はこの話、泊まり込みになろうかと言う日に
ICUにトレース台を持ち込んで
凄まじい心境の中作画した…という読み切りです。

通りかかった看護師さんに
「その光る台なんですか?」って聞かれて説明したらしいです。(笑)
しかしそんな感じは微塵も漂ってない爽やかなマンガですよ。

現在Maria氏は、集英社cookieにて
「「未」成熟」も連載中。



こちらもキラキラした、そして夜の蝶を舞台にした華やかなマンガです。

ドキドキしたりひやひやしたり、ドロドロしたり(!?)
すること間違いなし!!
ご興味があられる方は是非是非こちらもよろしくお願いします。

つくづくオジさん描いてる自分とは全く作風違います…(汗)

ついでに姉に関して、超初期作品について
勝手に4コマノートにらくがきマンガ綴ってみました。

結局8コマも描いちゃったので…
もしここまで読んで疲れた方はここら辺で…

お暇がある方だけ、これから以下
良かったらどうぞです♪
見て下さると嬉しいです♪♪
(^o^)





↑うちは昔、汲み取り式トイレだったのでそこからの着想かと思われます…







↑この車が去っていくシーンは今もキョーレツに記憶に残ってます















 

イラスト 女の子のたぽり具合



のっけからなんだって感じですが…

前のマンガ、らずべりぃmixの原稿の
プリントアウトの紙が出てきました。

今は青年誌でサラリーマンのためのうんちくマンガですけど
この頃はとにかく毎号必死に女の子の体の線を
研究しててすごく時間かけてかいてたなぁ。

特にヒロインあかりの、

胸の柔らかそうなふくらみというか

女の子のお腹のたぽり具合というか


↑だいぶモアレてますけど、ここらへん

スリムとややぽちゃの間を絶妙に描くことに専念してた。
成功してますかね?(笑)

ブログのフリースペースに、
紹介もかねてこれまで単行本になったマンガの
リンクを貼ってみましたよ。

私のマンガ、
傾向としてうんちくものか女の子かに
どっちかに片寄ってるんですが…
もしご興味湧いた方は、よろしかったらぜひぜひ!
よろしくお願いします!

いつもてんでまとまりのない地味な日記ですけど
ようやくちょっと漫画家らしいブログになったんやないかなぁ。
(^-^ゞ



櫻井大神宮




先週末、また帰省してきまして。

いろいろ用事やイベントに参加するなか、
10数年以上ぶりの友達にも会ってきました。

その友達が
「高倉さんが好きそうな古い神社あるよ。寄る?」
って言って福岡の糸島にある櫻井神社に連れていって
くれたので今日はその旅の記録を。

福岡はこの日すごく天気良くて、
山のような森のような木々のなかに
そこだけ時が止まったように
神明造りの由緒正しい立派な神社が鎮座しておりました。

吹き抜けの作りは小さい伊勢神宮みたいだな…って
思ったら本当に伊勢神宮のご分霊らしく、
櫻井大神宮としてこの姿で150年前からある!

櫻井大神宮、櫻井神社の公式サイト
(厳かすぎて真正面は気がひけたので、
写真はやや斜めから撮らせていただきました)
櫻井神社は嵐の櫻井くんのつながりでも人気らしいです。


周りの木々も木漏れ日が美しかったです…




手前にも櫻井神社が立派にドンとあって
その門がまた立派だった。
(櫻井神社の写真は取り忘れました)



いやぁ…
ここに来れてとても心が洗われた気がしました。
連れてきてくれた友達に大感謝です。
ありがとう!!

後で自宅に戻って神社好きの姉に自慢したら
「神社に行けるのもご縁なんだってよ。
櫻井神社の神様に呼ばれたっちゃないと?
神様は誰が来るかも前もってわかっとるらしいよ…」
ってなことを教えてくれて、
本当にそうならより嬉しい。

その後、お昼の油山にも連れていってくれた。
ちょっと霞んでますけど、見晴らし良くて福岡の街が見れました。




母の葬儀から仏壇の手配、法要を経て、
ここに来てようやくなんだか一息つけた気がする。
東京に戻ってからも、気持ちがだいぶ楽になったです。
自分、少しずつ母の死を受け入れているのかも。
まだわかりませんけどもね。

そんなわけで。
これからしばらくは来月の四十九日の法要まで
遅れまくっているマンガ作業に勤しみます。

バタバタで宣伝できませんでしたが
5月7日発売good!アフタヌーンに
「平松っさんの心理学」3話目が掲載されてます!
次は6月7日発売号に4話目ですので
お見かけの際にはぜひよろしくお願いします。

長い上に最後は宣伝になっちゃいましたね。
ともかくまたがんばりまーす!
読んでくださってありがとうございました。(^○^)

弔いのためのフラワーアレンジ



母の四十九日まで、
うちの実家では初七日からずっと
七日毎に法要をすることになってます。

その他にもイベントがあったり、
四十九日の準備の手配を整えるために
また今日これから福岡の実家に向かっております。

写真は葬儀の時にお義母さんが
ご自分でわざわざ生けて実家まで送ってくださった
フラワーアレンジメントですー

今頃のお披露目でなんですが
少し落ち着いた今みても
薄い控えめな不思議な色味のバラや花たち。
祭壇の脇に映えてとてもキレイでした。

この時から10日以上たった今も
だいぶまばらになったらしいですが
こんな感じで祭壇を優しく癒してくれているそうです。
今日確かめにまた見に行きます。
ありがとうございますもう一人のお母さん。

姉ともしゃべってたけど、
今回周りの人達の反応にもいろんなタイプがありました。

いつもは親しいのに案外素っ気ない人、
(言葉に詰まってる可能性もあるけど)
逆に普段はほとんど付き合い無いのに
家まで泣きながらお線香をあげに来てくださった人。
疎遠だった、ちょっと不仲だったのに
お通夜と葬儀の両方に参列してくださった人…

遺族の話をうんうんと聞いてくださる人たちの
優しさには本当に癒されました。

その時の状況にもよりますが
自分も誰かがそんな時には寄り添える人でいたいな。

それではこれから飛行機に乗ります〜
行って参ります。


プルメリアの葉っぱ今年も





冬の間、家の中で休眠させていたプルメリアの苗木、
今年も暖かくなってきたので外に出しておいたら
ムクムクと先端が開いてきて葉っぱ現れましたー!

花芽は…無い…。

今年で三年目なのでそろそろ花芽が付くかな〜〜と
期待してるんだけど…
(花が咲くまで数年かかる上に条件が悪いと何年も
花が付かないらしいのです…)
うちのマンション、東向なのでやっぱり
日照時間が少ないのが問題なのかなー
もう引っ越すしかないのか!?

ベランダでプルメリアが咲いたら嬉しいなー
って思って育ててるんですけど
今年もどうかなぁ。

でも眠りから覚めたプルメリア、
今年も立派な葉っぱをワサワサ生やしてくれることは
間違いなしですわ。
熱帯の植物の力強さは見てるとパワーもらえますよ。

あ、よく見たら油虫発生してるやん!
むむー気をつけていかねば。


        

profile

        

平松っさんの心理学1巻です!

calendar

S M T W T F S
        
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
           

Twitter 日々のつぶやきです

↓高倉みどりの本です。ぜひ!


selected entries

categories

        

recent comment

archives

        

links

        

私のオススメ 水槽グッズ

search this site.

        

mobile

qrcode

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM